お前ら小説ってどうやったら上手く書けるのか教えてくれ

afa5575c.jpg
1:2016/04/07(木)14:24:36 ID:

文章で伝えるのが苦手な俺に速く、上手く書く方法ってかコツみたいなのを教えてくれ
2:2016/04/07(木)14:29:31 ID:

好きな作家の真似
3:2016/04/07(木)14:32:39 ID:

>>2
なるほどな
西尾維新とか真似てみようと思ったり思わなかったりしてるんだけど上手く真似出来ないんだよなぁ
10:2016/04/07(木)14:38:17 ID:

>>3
固有名詞とかネタ元だけ変えて他は
完全にコピーした文章を切り貼りして話を一本書いてみれば?

12:2016/04/07(木)14:41:22 ID:

>>10
それも良さそうだが、いいストーリーとか考えられるようになりたいんだ
いつも本一冊分くらいの長い小説書こうとすると途中で先が見当たらなくなって挫折する
あと主人公とかの名前考えると忘れるw
17:2016/04/07(木)14:46:31 ID:

>>12
メモれよwww

普段からメモ帳持ち歩いて思ったこと、感じたことをクセつけるといいよ

4:2016/04/07(木)14:33:08 ID:

こんなとこを覗かないこと
6:2016/04/07(木)14:34:55 ID:

本をたくさん読むとか
8:2016/04/07(木)14:37:07 ID:

>>6
やっぱそうだよな
おすすめの本とかある?
上手いなーって小説家とか教えてくれると嬉しい
14:2016/04/07(木)14:44:14 ID:

>>8
面白いものを探してるうちは面白いものを作れない
って、誰かが言ってた(確かゲーム作ってる人)
15:2016/04/07(木)14:45:00 ID:

>>14
自分が面白いものを創り出さなきゃいけないんだよな・・・
18:2016/04/07(木)14:47:16 ID:

>>15
そういう事じゃなくて、面白いゲームの何が面白いのかって考えるより、
クソゲをやりまくって、何がつまらないのか考える。
面白いものと何が違うのか、縦スクロール横スクロールのシューティングは
いくつでもあるが、なぜ差がでるのか考える。そのために、クソゲをやり込め。
的な話。
24:2016/04/07(木)14:51:08 ID:

>>21
俺ボキャブラリー少ないな…
>>18
あ、なるほどな
小説の場合下手なラノベと所謂上手い小説の違いとかを探るのか
21:2016/04/07(木)14:48:24 ID:

ポキャブラ不足は致命的やから新聞と短編小説を読みまくる
25:2016/04/07(木)14:51:49 ID:

結末だけは先に決めとくべきよ。

書いてると途中でそれが多少、もしくは完全に変わってしまうとしても、決めとくかどうかで思い付く範囲が断然変わるはず

30:2016/04/07(木)14:55:59 ID:

>>25
そうだな
結末決めると小学校の教科書に載ってる物語みたい短くなるんだがそれはどうすれば
39:2016/04/07(木)15:06:33 ID:

>>30
短くできるってことはそういう形に収めることができる内容だったんだろ
無理に引き伸ばしても薄っぺらくなるだけよ
どうしても長くしたいなら主題を決めて色々な角度から考えてみると自然と長くなるぞ
29:2016/04/07(木)14:54:41 ID:

侍がジュラ紀にタイムスリップして何やかんで美少女になる話はよ
35:2016/04/07(木)15:04:35 ID:

>>29
生きる気力や侍としての魂を失った侍が変な路地に迷い込む
→何故かタイムスリップする
→恐竜との遭遇や壮絶なサバイバル体験に寄って大切な何かを取り戻す
→その時未知の現象により生態系が狂い恐竜は絶滅、侍は美少女に
→その現象により現代に戻る
→あの路地には1枚の紙切れが
→紙切れに書いてある情報を元に歴史書を読み漁り自分がなぜ過去に戻ったかを知る
31:2016/04/07(木)14:59:53 ID:

なんで小説なん?
マンガやアニメや映画じゃダメなん?
36:2016/04/07(木)15:05:12 ID:

>>31
漫画も描きたいと思うんだが絵が下手なんだよな
44:2016/04/07(木)15:11:23 ID:

>>36
絵が下手ってことは言い換えると
マンガというメディア固有の表現技法を持ち合わせていないってことだよな?
んで小説を書くってことは文章メディア固有の表現技法は持ち合わせてんの?
46:2016/04/07(木)15:12:39 ID:

>>44
絵は誰の目にも分かるレベルで下手だけど小説なら喋れるし意思疎通出来るし何とか…っていう
37:2016/04/07(木)15:05:49 ID:

匿名掲示板でわざわざコテをつけるような虚栄心を捨てるところからはじめろ
42:2016/04/07(木)15:09:12 ID:

海外の作品パクればいいよ

ラノベの読者はパープーしかいないからばれないばれない!w

45:2016/04/07(木)15:12:20 ID:

バレたらオマージュですって言い張れば良いし
49:2016/04/07(木)15:14:58 ID:

兎に角文章を書きまくれ
後、ラノベだろうと純文学だろうと哲学だろうと読みまくれ

やり方は絵の上達と一緒

54:2016/04/07(木)15:20:12 ID:

はい

趣旨と違ったらさいあんかとかしといて

56:2016/04/07(木)15:21:00 ID:

>>54
うお…頑張るぞ…
182:2016/04/07(木)17:15:20 ID:

今更だけど俺も>>54で書いたから見てもらってもいい?
187:2016/04/07(木)17:20:20 ID:

>>182
少女がトカゲの散歩をしていた。
成人男性でも一抱えするほど大きな爬虫類が有り触れた公園を闊歩する。
あまりの物珍しさから俺は立ち止まり凝視してしまった。
そんな俺には一瞥もくれず、トカゲはそこら辺にいた鳩に喰らいつく。
少女の方は「もう、またそんなもの食べて」と朗らかに笑っていた。
驚きに戸惑う俺を置いて、トカゲと少女はもみじを蹴散らしながら去っていった。
188:2016/04/07(木)17:23:18 ID:

>>187
読み終わった今驚きに戸惑っている
190:2016/04/07(木)17:28:24 ID:

>>188
変なところあったら言ってくれ
「驚きに戸惑う」って自分でも書いてても「こんな表現あったっけ」ってなってるし
193:2016/04/07(木)17:32:17 ID:

>>187
>>190
不安だったら驚き戸惑うとかにすればいいんじゃないかな
特に気になる所はなかったよ
192:2016/04/07(木)17:30:27 ID:

>>54
妙なペットを連れた女がいるな、程度が最初の印象だった。
そのペットが公園のほとりで憩っているガチョウにやおら襲い掛かった。
ぎゃあぎゃあぎゃあ、くけくけががぁこがぁこと凄絶な死闘が演じられる時分になってようやくぼくは振り返った。
腰までのダッフル。赤い格子模様のマフラー。腰までの艶やかな髪。
わやくちゃになっている状況に呆然としたり果敢にガチョウから引き離そうと悪戦苦闘している姿に、手を貸してやろうか腰を上げかけた時だ。
不意に突風が巻き上がり地面いっぱいを染め上げているカエデの落ち葉と一緒に――
彼女のスカートが風になびいた。

何やってんだ俺

202:2016/04/07(木)17:52:04 ID:

恥ずかしいが誰か>>192もやったって
重複してるところは目をつぶって
60:2016/04/07(木)15:26:51 ID:

絵なんかてきとーに描いときゃええやろ
コマ割り?そんなん知ったこっちゃねえ
ほれマンガ描いたぞ
どや?面白いか?

マンガで例えるとこんな感じ
小説ワナビは小説を舐めきってるとしか思えないんだよな

63:2016/04/07(木)15:31:13 ID:

>>60
絵と違って誰でも「文」という一定の形にできるって点では敷居が低いからな
その分だけ内容と技量が物を言うから生き残るのは難しい
62:2016/04/07(木)15:29:53 ID:

少女のさらさらとした綺麗な腰までの黒髪が肌寒い秋の風に吹かれて靡く。犬の散歩だろうか、可愛らしい子犬を連れている。
少女は毎日の様にこの公園を通る。そして僕は毎日、それをすれ違いざまに見るだけで、話しかけることもできずにいる。
おそらく今日もだろう。僕は少女とすれ違う瞬間そう思った。
だが今日はそうではなかった。紅葉した木々から落ちる朱色に染まった葉に紛れ、突然彼女の目の前にふわふわとした羽根が、ゆらゆらと落ちてきた。少女はそれに驚き転びそうになる。
これはチャンスなのか。周りを見渡す限り他に人はいない。僕が助けるべきだろう。
64:2016/04/07(木)15:33:11 ID:

だろうだろうだろう
さらさらふわふわゆらゆら
毎日毎日今日今日
68:2016/04/07(木)15:36:58 ID:

毎日本読みゃいいじゃん
ただ読むだけじゃなくてどういう風に描いてあるかまとめてみるといい
勝手に本のプロット作って自分で書いてみる
それで元にした本との違いから自分のダメな点、いい点を見つけ出す
なにわともあれ一作品でも書き上げることな、俺の周りにも口だけの奴はストーリーは如何だとかキャラの掘り下げが如何だとかで作品を書かない。わかってると思うがフォームの練習だけして速く走れるわけがないからな。
72:2016/04/07(木)15:42:44 ID:

あとお題関係ないけどこの前暇つぶしに書いた書きかけの小説が出てきたからコピペして貼っておく

薄汚れた髪を掻き分け、廃れた街を歩く。
価値はあるのか、こんなものに一体何の価値が。
ただただ、夕焼けの道を歩き、ひたすら遠くまで、消えてなくなるほど遠くまで行きたい。
その一心で一本道を歩く。
辺りに広がる夕焼けに染まった田と山を見渡し、やはり田舎だなと実感する。

74:2016/04/07(木)15:44:55 ID:

>>72 これで終わりか?
76:2016/04/07(木)15:45:41 ID:

>>74
もうないw
81:2016/04/07(木)15:47:14 ID:

>>76 兄ちゃん こりゃ小説じゃなくて詩だよ
小説に肝心なのは書き方もそうだがストーリーだと思うんだよ
俺は本読むばっかで小説なんて書いたことないけどストーリーが面白けりゃ文法も気にならない
77:2016/04/07(木)15:45:45 ID:

>>72
これ街歩いてたのにすぐ田んぼと山まで来たな
75:2016/04/07(木)15:45:36 ID:

枯れ葉に染まった海岸沿いの公園に少女が子犬を連れていた。
潮風が冷たい。
何気に少女の方を眺めると連れてる犬が鳩を追い回していた。
少女は止めさせようと走っている。
俺はその姿が可笑しくてひとりニヤニヤする。
無意識にタバコに手をやっていたようだ
その手が止まった。

批評ばかりでは面白くないので
真似て書いてみました^^

196:2016/04/07(木)17:37:33 ID:

枝に突き刺さった空に枯れ葉を蒔いてみた。
そんな空気の中、公園で飯を食おうとコビニ弁当を抱えて歩いていたら
今時の女性が周りを気にせずに走っていた。
ベンチを探す振りをしながら頭の中で女性の裸体を想像した自分に照れてしまった。
苦笑いを浮かべていたんだろうか?
その女性がこちらを見ていたことに気が付いた。

「ファ?」と何かを感じて足元を見たら犬がしょんべんをしていた。

>>75です
雰囲気を変えて書いてみましたw
参考にどうぞ

95:2016/04/07(木)16:05:17 ID:

これを思い出した

音大卒業

「音楽を続けたい」「夢を諦められない」と一般企業には就職しない

オーディションに落ちまくる

風俗で稼いで貯金する、AVに誘われる 「企画物1回だけなら大丈夫かな」

念願のオーディション合格、事務所に所属
最初は端役やエロゲの仕事しかなく生活は苦しいが 「大丈夫風俗貯金があるからまだまだ頑張れる」

ラブライブ大当たり、紅白歌手に

ラブライブ 夢を叶える物語 「みんなー夢を諦めないで」

96:2016/04/07(木)16:06:16 ID:

>>95
本当の話であるんだな、こういうの
すげー
100:2016/04/07(木)16:13:00 ID:

座興に俺の古い作品を挙げてもいいかな

レス3つほどで完結する短編なんだが

101:2016/04/07(木)16:13:38 ID:

>>100
おー読ませてくれ
106:2016/04/07(木)16:17:19 ID:

「加奈ちゃんとピーちゃん」    後編

「ねえぇ、カナちゃんってばぁ、ボクとお話しょうよぉ。なんでだまってるのぉ。
ボクつまんなぁーい。」
懸命に加奈ちゃんの気を引こうとするピーちゃん。声係りの女性も必死だ。
「ねぇってばぁー、カーナーちゃぁーん」次の瞬間だった。
「うるさぁーいっ!」
いままで沈黙を守っていた加奈ちゃんは大きな声で叫ぶとピーちゃんに向かって右手を延す……
小さなピーちゃんを無造作に掴むとそのまま床に押し付けた。ポキポキッとイヤな音をマイクが拾う。
その瞬間の加奈ちゃんの顔のアップを2カメのモニターが映し出す。
ほんの一瞬ではあったがレンズは捉えた。
眉間にシワをよせて歯を食いしばった鬼のような表情の加奈ちゃんのクローズアップ。
スタッフも母親もゾッと凍り付く。しばし関として声なし、沈黙が続く。
画面には何事も無かったかのように絵本に見入る加奈ちゃんの姿が映っていた。
その傍らの床には不自然に折れ曲がった黄色い小さな骸があった。
確かに起こった無慈悲な惨劇を証明するかのように。

子供はいつも天使であるとは限らない。時として悪魔のごとき冷酷さを垣間見せる時がある。

今日、撮影クルーと、そして母親はそのことを知った。

109:2016/04/07(木)16:20:41 ID:

脂汚れが埃を絡める。それが前髪ともなればうっとおしさはひとしおだ。
かつての喧騒の死骸すら見つけられない錆色の街を、暖簾を潜るように歩いていく。額を、何度も掻き分けながら。
正気のない街、生まれ故郷。
西の涯に半分没した太陽に、そのまま吸われてしまいたい。
橙がハイライトする田舎は、僕の希薄さに拍車をかけた。
嫌いだ、何もかもが。
111:2016/04/07(木)16:22:52 ID:

あとリズムな、情景描写は純文なら冗長になるのはしゃーないから、それを受けての感想なんかはバシッと一言で終わらせる
~てもんが~で、~に似ていて~を~を切り捨てて一言で
そうすればメリハリでるわ
114:2016/04/07(木)16:24:33 ID:

>>111
なるほど
116:2016/04/07(木)16:25:38 ID:

>>114
偉そうにすまんな
でも読みやすい文章て得てしてリズムやで
それこそ紋切りを意識したっていい
121:2016/04/07(木)16:28:03 ID:

お前コントラスト大好き小学生かwww
122:2016/04/07(木)16:28:23 ID:

>>121
うるしゃい
過去は捨てたんだ
124:2016/04/07(木)16:29:26 ID:

>>122
小学生でこれだけかけりゃ充分だよ、焦らんで書き続ける事が大事だぞ
別に今焦って俺みたいな臭え文章にする必要ないわ
125:2016/04/07(木)16:30:06 ID:

>>124
はーい
ちなみにあれは忘れてくれ
126:2016/04/07(木)16:31:30 ID:

>>125
強いて言うなら比喩だな
比喩の幅、つまり引き出しは経験で蓄積してくもんだけど、使い所ってのがセンスなわけだ

>受け止めた瞬間はずっしりと重い感触だったが、しばらくすると、軽く、ふわっとしたようなそんな感触に変わった

こことか、自分で違和感ないか??

127:2016/04/07(木)16:31:53 ID:

>>126
んー…
133:2016/04/07(木)16:37:34 ID:

>>124
ちなみにご職業は
134:2016/04/07(木)16:39:14 ID:

>>133
まぁ文章にも携わるよ
ただ、小説は殆ど読まんな
136:2016/04/07(木)16:40:17 ID:

>>134
おー凄いなw
小説関連ではないのか
130:2016/04/07(木)16:33:31 ID:

一瞬間を置いて軽くなるんだよな??不思議だよな??
じゃあ軽くなる表現に神秘性があるといいんじゃない??

使い所ってこう言う意味な
説明文になっちゃうと面白くないわけよ

131:2016/04/07(木)16:35:19 ID:

>>130
なるほど
えーっと、なんて書けば良かったんだ、脳味噌足りないな…
139:2016/04/07(木)16:42:55 ID:

俺も小説書いてみたいんだけどお題が出てこない。
175:2016/04/07(木)17:05:37 ID:

>>139
ランドセルと水鉄砲で書いてみた

とあるド田舎にある小学校ではクラス中で水鉄砲が流行っていた。
クラス中とは言ってもド田舎もド田舎、全校生徒30人足らずの超過疎地域のことなので『流行っている』というのは正しい表現ではないのかもしれない。
この地域の主な職業は農耕や畜産で児童の殆どが農家の子だ。
学校に各々水鉄砲を持参して、授業中は見つからないように隠していて、放課後から開戦。
下校しながら如何に濡らさずに帰るかが戦いの肝となっていた。
前述のように、近隣世帯の多くが農家であるため、失礼ながらこの辺りの平均収入は決して多いものではない。

そのため必然的に子どもにかけるお金も微々たるものになってくる。
小学校に入学すると同時に、ランドセルという大きな出費が待ちかまえているがこの地域では、いいものをやってやる、なんてことはとてもではないが難しい。そのため希望すれば小学校から指定されるランドセルを安く買うことができる。
しかしこのランドセル、古い田舎の小学校が指定するからか、昔の戦時中の学生が使うような厚手の布でできたぺしゃっとした形をしている。クラスの皆がこのランドセルのため、誰も恥ずかしい、なんて思う児童はいない。

が、しかし布製のため水鉄砲の標的には持ってこい。水鉄砲合戦が白熱するとランドセルの中身までビシャビシャになって大目玉を食らうこともしばしばだった。
そんな中、このド田舎に転校生がやってきた。そいつは都会から引っ越してきた、五年生にもなるというのにピカピカの、パンとハリのある光沢の入ったランドセルを背負ったやつだった。

144:2016/04/07(木)16:48:37 ID:

ずっしりと重いはずの人の体が、この少女のものだというただそれだけで、天使の羽根ランドセルのように軽く感じてまでいる。

とかはwww

145:2016/04/07(木)16:49:13 ID:

>>144
おめえそれ文章の中身自体かわってるだろハゲ!!!

でもさっきのよりはいいと思うよ

147:2016/04/07(木)16:49:46 ID:

>>145
まじかwww
153:2016/04/07(木)16:53:20 ID:

書いて書いて書きまくれ
小説読んだことなくても、それである程度は上手くなる
155:2016/04/07(木)16:54:44 ID:

>>153
よし、書く特訓しよう
165:2016/04/07(木)16:59:34 ID:

んんんんんんんんわからんんんん
166:2016/04/07(木)17:00:03 ID:

>>165
だめです、やりなさい
俺が気に入らない部分だから俺のためだけに直して
167:2016/04/07(木)17:00:19 ID:

>>166
はい
171:2016/04/07(木)17:01:13 ID:

>>167
とりあえずちょっと出かけるから
後で見るからやっとけよ!!!
俺将来お前に養ってもらうんだから、ちゃんとやってくれんと困る
173:2016/04/07(木)17:02:10 ID:

>>172
たしかに
名前つけなきゃいけないかな
>>171
はーい
168:2016/04/07(木)17:00:26 ID:

ちなみに、あんまり少女少女連発したら客観的な感じになりすぎるよ
あくまでも一人称だから、最初少女って書いたら、あとは彼女って表現にしたらいい感じになると思う
170:2016/04/07(木)17:00:56 ID:

>>168
おおおおお
そこ凄い悩んだんだよね
ありがと
172:2016/04/07(木)17:01:44 ID:

>>170
ただ、その場に女性が二人以上いる場面とかは気を付けて
逆に彼女彼女書いたらどっちのことか分からなくなる
176:2016/04/07(木)17:08:18 ID:

とらドラ作者曰く「どんなにいいこと書いてくれても読者が3行以上読めねぇんだよコルぁ!!」だそう
179:2016/04/07(木)17:10:09 ID:

春が二階から~ってやつ最初は丁寧に書いてたっぽいけど後半すごい駆け足だね
199:2016/04/07(木)17:45:42 ID:

驚き戸惑うって言うかなあ
シンプルに呆然とする俺を~でよくない?
あと置いてって表現もちょっと気になったかな
少女が主人公を置き去りにしたわけじゃないから
呆然とする俺をそのままに、トカゲと~みたいな感じじゃダメ?