美少女「マスクと眼鏡は常に必需品」

0a512e39.jpg
1:2016/04/10(日)02:35:21 ID:

美少女「ついでに髪型もだっさく」

美少女「この容姿のせいで小・中と苛められたんだ」

美少女「なんとしてでも高校では安泰な暮らしを手に入れるよ!」

2:2016/04/10(日)02:40:00 ID:

~入学式~

美少女「…」

美少女「誰も視線を向けてこない…」

美少女「完璧だぁ!」

キモオタ「デュフォwwwww」

キモオタ「制服JKが闊歩しておるぞwwwww」

美少女「むっ、あの男から私と同じ匂いがするぞ」

美少女「深夜アニメ絶対観てるな」

美少女「友達になりたいな…」

キモオタ「これはまさに天国wwwwデュフォwwww」

3:2016/04/10(日)02:44:19 ID:

美少女「ねぇ…ちょっと…」

キモオタ「えっ!?あっ、はい!ど、どうも…」

美少女「へっ?あっ、あ、はい
ど、どうも…!」

キモオタ「えっ、えっと…なんですか?」

美少女「えっ!?えっと…その」

美少女「ら…ラビットハウスっ!」

美少女(あぁっ、しまった!思わず口から…)

キモオタ「チノちゃんチノちゃんwwハァハァ」

美少女「あっ!そうそう!ごちうさ!」

キモオタ「お、おぉ!!」

ガシッ

美少女「とっ、友達になろう!」

キモオタ「いっ、良いでごさるよwwww」

5:2016/04/10(日)02:45:17 ID:

キモオタの妄想楽しいか?

楽しいよね

6:2016/04/10(日)02:46:48 ID:

まあ妄想するのも仕方ないよね
7:2016/04/10(日)02:51:03 ID:

キモオタ(髪の毛はボサボサ…)

キモオタ(眼鏡に…顔を覆い隠す位でかいマスク…)

キモオタ(俺と同じ雰囲気がするおwwww)

キモオタ(しかも女の子wwww)

キモオタ(嬉しいでござるwww)

美少女(…この人の手、汗ばんでる)

キモオタ「申し遅れた!拙者、キモオタといいます!」

美少女「あっ、私は美少女っていいます!」

美少女「よろしく!」

キモオタ「うほwwwそれにしても美少女さんwww」

美少女「んー?」

キモオタ「いやぁww良い声してますなww」

キモオタ「憂いを帯びてて、美しい声音ww色気が半端ないwwwしかしその中にも可愛らしいイメージを含んでるwww」

キモオタ「声優になってみれば?wwww」

美少女「えぇ!?そ、そんなぁ///」

美少女(同級生から褒められるのって初めてで…///)

キモオタ「きっと人気が出るぞwww」

8:2016/04/10(日)02:52:38 ID:

オタク系の美少女とか普通の美少女より
くっそ可愛く見えるのは俺だけだろうか
9:2016/04/10(日)02:54:58 ID:

キモオタ「てかwww4月なのに暑いですなwww」汗ダラダラ

美少女「そ、そうかな?」

キモオタ「マスクなんかして暑くないのですか?www」

キモオタ「それにwww今日入学式しで候うww」

美少女「あっ…うーん、そ、そうなんだけどね…」

美少女「あんまり見せたくないっていうか…」

キモオタ「なるほどwwwなら仕方がないなwww」

キモオタ「いつか美少女さんの顔、見てみたいなぁwwwwなんて」

美少女「…いつか…ね」

10:2016/04/10(日)02:57:36 ID:

キモオタ「うほぉww本当に良い声してるwwwゾクゾクするwwwデュフォwww」

キモオタ「あっ、もうそろそろ体育館に行かなきゃだめそうっちゃねwww」

美少女「あっ、うん」

美少女「行こっか」

11:2016/04/10(日)03:02:00 ID:

──体育館──

キモオタ「うほぉwww結構広いでござるなwww」

美少女「中学なんかより全然だねぇ」

美少女「私は一組か…キモオタくんは?」

キモオタ「二組でござるwwwせっかく友達になれたのにwww残念ww」

美少女「まぁ、ちょくちょく会いに行くって」

キモオタ「なんというありがたき言葉wwwww拙者、感動してしまったでござるwww」

美少女「えぇーっ、そんなに?」クスクス

美少女「あっ、並ばなきゃ」

キモオタ「ほんとだww暫しの別れでござるwww」

キモオタ「達者でなwwww」

美少女「うん」

美少女(…キモオタくんとは別のクラスかぁ)

美少女(はぁ…残念)

12:2016/04/10(日)03:07:48 ID:

美少女(私は20番だから…ここか)

美少女「よいしょ」

女「…ねぇ?」コソコソ

美少女「ひゃっ!ひゃいっ!」ビクッ

女「あっ、こら静かに!」コソコソ

女「先生に見られちゃうでしょ」コソコソ

美少女「あっ、ごめん…」

女「ふふっ、良いの良いの」

女「ところでさぁ」

女「あたしとLINE交換しない?」

美少女「えっ?あっ、えっと、いいよ」

女「やったー!これで友達だね!」

美少女(これで…友達?)

女「名前なんて言うのー?」

美少女「あっ、えと、美少女っていいます…」

女「へぇー、あたしは女ね」

美少女「う、うん」

女「美少女ちゃん良い匂いするねー!」

女「なんの香水使ってるの?」

美少女「えっあっ、香水は使ってないよ…多分シャンプーの」

女「なんのシャンプー使ってるのー?」

美少女「あっ、えっと、なんだっけ…お母さんが買ってきてくれてるやつ」

女「へぇー」

13:2016/04/10(日)03:11:32 ID:

女「彼氏とかさーいるのー?」

美少女「あっ、えと今まで出来たこと一回もないかな…」

女「ふぅーん、出来たことないんだね」

美少女「う、うん…」

女「もしかして美少女ちゃんから告白してフラれたとかー?ww」

美少女「あっ、えと告白したこと…ないかな」

女「あ、そう」

女「コクられたこととかあるのー?ww」

美少女「あっ、えと」

女「あー、ないよねーwwwごめんねー、変なこと聞いてwww」

美少女「何回か…あります…」

女「えーっ、意外ー!」

14:2016/04/10(日)03:12:06 ID:

なんか良く分からん話やな
15:2016/04/10(日)03:13:07 ID:

キモオタ「クソみたいな顔面偏差値で小中苛められたからメガネとマスクで隠すわ」
16:2016/04/10(日)03:14:49 ID:

ワイ 「マスクと眼鏡は必需品ンゴwwww」
17:2016/04/10(日)03:14:59 ID:

女「じゃあ今まで彼氏出来たことないっていうのは…」

女「全部美少女ちゃんが振ったってことなのか」

女「勿体ないなぁ」

美少女「いや…でも別に私は恋愛なんて…」

女「あー、はいはい清純なんだよねー」

女「美少女ちゃん可愛いからまた告白とかされるんじゃなーい」

女「あっ、ねーねー君君ー私とLINE…」

美少女「…」

美少女(マスクで顔見えないのに、可愛いって…)

美少女「よく…わからない」

19:2016/04/10(日)03:21:48 ID:

──教室──

美少女(なんとか無事、入学式終わったなぁー)

ガラガラー

先生「お、席にもう着いてるな」

先生「高校生になった自覚があるんだな」

先生「素晴らしいです」

先生「えーと、このクラスの担任になりました、先生といいます」

先生「一年間、よろしくお願いします」

美少女(爽やかそうな先生だなぁ)

女「せんせー!しつもーん!」

女「彼女とか居るんですかー?」

ザワザワ

先生「本当にそういう話好きだなぁ…」

先生「居ませんよ、随時募集中だよ」

女「キャーッ、募集中ってww」

先生「なお、先生は歳上が好みだからな、お前らじゃ先生の彼女にはならないよ」

女「なにーそれー、もともと先生の彼女になりたい人なんて誰も居ないんですけどーww」

クスクス クスクス

先生「まったく…w、じゃあせっかくだし自己紹介してもらうか」

美少女「」ビクッ

20:2016/04/10(日)03:26:57 ID:

───

──

先生「じゃあ次ー」

美少女「っ、はっ、はい」ガタッ

美少女「美少女といいます」

美少女「よろしくお願いします」ペコリ

先生「美少女さんねー、好きな歌手とかいるの?」

美少女「ビっ、B’zとミスチルが好きです」

先生「へぇ」

女「あはっw古」

美少女(は?)

先生「じゃあさー、美少女さん」

先生「マスクとらないの?」

先生「やっぱりこういう挨拶する場だからさ」

美少女「…っ」

21:2016/04/10(日)03:27:30 ID:

B’zとミスチル、俺が大好きです
22:2016/04/10(日)03:28:56 ID:

>>21聞いてねぇよっ!w
24:2016/04/10(日)03:31:19 ID:

>>21
B’zのだからその手を離して
いいよな
26:2016/04/10(日)03:38:23 ID:

>>24
今すぐ!ゲタオブマイウェイ!!

いいよね
大好き

28:2016/04/10(日)03:44:32 ID:

>>26
やっぱB’zは古いのもイカしてるよな
君の中で踊りたい
とか
スレチしてすまんな
よい夜を!
29:2016/04/10(日)03:47:42 ID:

>>28
いやいやwwスレチだとしても俺もB’z好きだから嬉しかったよw

良い夜ってかもう朝だけどなw

23:2016/04/10(日)03:30:47 ID:

美少女「まっ、マスク…ですか?」

先生「うんうん、皆に顔を見せないとね」

美少女「…」ダラダラ

美少女「」

美少女(終わった…)

美少女(せっかく髪の毛もボサボサにして、眼鏡も買って…)

美少女(頑張ったのに…)

美少女(こんなに早く…終わってしまうなんて…)

先生「美少女?」

美少女「…」

スッ

女「せんせー」

25:2016/04/10(日)03:35:27 ID:

先生「ん?」

女「美少女ちゃん顔見せたくないんじゃないですかー?」

先生「え?」

美少女「っ!」

女「同じクラスなんだし、いつでも見れる機会あるんでー」

女「別に今見せなくても…それより次のあたしの自己紹介早く終わらせたいんでー」

女(…ま、マスクを入学式に着けてきてる時点でお察し)

女(醜い容姿してるんでしょうね…)

女(これは、面白くなりそうね)

先生「──っと、じゃあ女さん」

美少女(…助かった)

美少女(女さんにはあとでお礼を言わないと)

27:2016/04/10(日)03:43:47 ID:

───

──

美少女(ふぅ…焦ったぁ)

美少女(さて、女さんにお礼を…)

女「だよねー、わかるー」

ガラガラ

美少女(わっ、グループ作ってる…)

美少女(流石にあのなかには入れない…)

美少女(お礼はまた後日ってことで…)

ガラガラ

キモオタ「美少女さーん」

美少女「あ!キモオタくん!」

女「んっ?」

キモオタ「自己紹介で早速やらさしたでござるwww」

美少女「えぇー」

女「あっ、キモオタくーん、お久しぶりね」

キモオタ「あっ…」

30:2016/04/10(日)03:51:06 ID:

一旦睡眠とるね
また明日
31:2016/04/10(日)03:53:14 ID:

あ、了解
32:2016/04/10(日)03:53:34 ID:

何時ぐらいに再開するかだけ教えてくれると有難い