悪代官「フハハハ!よいではないか!」グッ 娘「ギャアアアア!!」

bc2fb511.jpg

1:2016/04/24(日)13:04:40 ID:

悪代官「……」

娘「アアアア……ア?」

悪代官「おいお前」

娘「?」

悪代官「ギャアアアアはないだろ。あ~れ~だろ普通そこは」

娘「あ~れ~、ですか?」

悪代官「ああ。ギャアアアアて」

4:2016/04/24(日)13:07:00 ID:

悪代官「やめてくれよ萎えるわそんなん」

娘「はあ、ですが」

悪代官「なんだよ」

娘「仮にもこう、犯されそうになってるわけですから。そりゃギャアアアアとも言いたくなります」

悪代官「……」

娘「ね?」

悪代官「まあ、そりゃそうなんだが……」

5:2016/04/24(日)13:10:41 ID:

悪代官「でもまあ、お約束ってのがあってだな?」

娘「お約束ですか」

悪代官「ああ。そこはほらちゃんとしてもらわないと」

娘「ですが」

悪代官「なんだよもう文句ばっか」

娘「あ~れ~、ってノリノリじゃなきゃ普通言いませんよ」

悪代官「……」

娘「ガチでピンチのときにあ~れ~って言わないですよね?普通は」

悪代官「……まあ……そりゃ」

娘「ね?」

6:2016/04/24(日)13:14:03 ID:

娘「私弱味につけ込まれて無理やり連れてこられてるわけですから」

悪代官「……まあそれは悪いと思ってるよ」

娘「ね?犯されるのは別としてそこまでは面倒見切れませんよもう」

悪代官「うん……いややっぱおかしいわ。弱味につけ込まれてるやつの対どじゃないわそれ」

娘「まあまあ」

悪代官「まあまあじゃなしに」

7:2016/04/24(日)13:14:31 ID:

対ど→態度

11:2016/04/24(日)13:18:46 ID:

悪代官「わかった。じゃもうそこは割りきってくれ。ノリノリじゃなくていいから」

娘「そんなにこだわるところですかね」

悪代官「ただのガチレイプはこっちとしてもキツいから。とりあえずあ~れ~は言ってくれ演技でいいから」

娘「虚しくないんですか」

悪代官「やかましいわ。ほらやるぞ」

娘「はあ」

悪代官「フハハハ!よいではないか!」グッ

娘「あ~……グェ!」

悪代官「!?」

12:2016/04/24(日)13:21:26 ID:

悪代官「なんだよ潰れたカエルみたいな声出しやがって!あ~れ~だっつってんだろ真面目にやれよ!」

娘「いやいやいや……ゲホッ!帯が、帯が……」

悪代官「帯?」

娘「そんな帯グッってやられたら締まりますよ……」

悪代官「……ああそうか」

娘「あ~苦しかった」

悪代官「ごめん」

娘「ん」

15:2016/04/24(日)13:23:14 ID:

くっ殺女騎士の次はあれ娘か…

16:2016/04/24(日)13:26:26 ID:

娘「力任せに引っ張ったらそうなるに決まってるでしょうに。もしかして童貞なんですか?」

悪代官「お前そろそろ立場考えろよ立場」

娘「回るの私なんですから。こっちにあわせてもらわないと」

悪代官「わかったよもう……」

娘「はいじゃいきますよ。帯もって」

悪代官「ゆっくりだな?よし……よいではないかよいではないかー!!」グッ

娘「うおっ」ズルッ

ドサッ

悪代官「……」

娘「……」

悪代官「今のお前だろ」

娘「代官ですよ。ゆっくりって言ったじゃないですか」

悪代官「ゆっくりやったわ。自分で裾踏んで転けたろ今」

娘「違いますよ」

悪代官「いや絶対今のお前だって」

18:2016/04/24(日)13:29:50 ID:

娘「……」

悪代官「今のは俺悪くないぞ絶対」

娘「……そりゃ着物なんか着て回ろうとしたら裾踏みますよ!」

悪代官「逆ギレかよ」

娘「じゃもうあらかじめ脱ぎましょうか!?裸に帯巻いてあ~れ~しましょうか!?」

悪代官「前衛的すぎるだろなんだよその着こなし」

19:2016/04/24(日)13:30:07 ID:

ギョエーーーーッ!!!

20:2016/04/24(日)13:33:18 ID:

娘「そんなに言うなら代官回ってみてくださいよ!難しいから!」

悪代官「嫌だわなんのプレイだよ。おいこら勝手に帯ほどくな」

娘「いきますよ!」

悪代官「わかったわかった……」

娘「オラアアア!!」ビーンッ

悪代官「グォエアアッ!!」グギィ!!

22:2016/04/24(日)13:44:26 ID:

悪代官「アアア……」

娘「……反省してます」

悪代官「あー死ぬかと思った……オラアアアてお前……」

娘「だって代官が馬鹿にするから」

悪代官「お前のほうが俺をバカにしてたろ……あーまだ痛え。これ完全に腰やったな動けねえ……」

娘「じゃもう帰っていいですか?犯せそうにもないし」

悪代官「いいけどお前の一族郎党ただで済むと思うなよ。根絶やしにしてやるからな」

娘「じゃあとどめを刺して帰ります」

悪代官「ごめんうそ。あっ腰蹴るなアアアアアア!!!」

23:2016/04/24(日)13:48:07 ID:

娘「ただいまーおとっつぁん」

父「!おめえ帰ってきたのか!?ひでえことされたんじゃねぇのか!?」

娘「大丈夫だったよおとっつぁん。借金ももういいって」

父「ほんとか!?ああありがてえ……すまねえな俺のせいで……」

娘「いいっていいって」

悪代官「……なあ、越後屋」

越後屋「……はあ」

悪代官「俺、真面目に生きるわ」