語りたくなる作品ってあるよな

オリンピック

 

1:2016/10/02(日)00:02:22 ID:

語ってけよ
2:2016/10/02(日)00:06:34 ID:

語りたい作品はジャンルは問わないよ。いいものに飢えてるんだ。

俺が最近いいなって思ったのはACジャパンの植木等さんが出てるやつ。
眩しい笑顔ってコレのことをいうんだろうな、って感じた。

3:2016/10/02(日)00:07:19 ID:

局所てきな事でもいいのか
4:2016/10/02(日)00:07:54 ID:

>>3全然いいぞ、そういうところを知りたい

5:2016/10/02(日)00:10:35 ID:

別のスレでも語ったんだが
というかそれのコピペ↓

グレンラガンのシモンがカミナを越えるシーンってさ

超銀河グレンラガンになった時、シモンのゴーグルが
ゴーグル→カミナのサングラス→キングキタンを模したサングラス
って変形した時ってよく言われてるけど

俺はアンチスパイラルとの最終決戦で
シモンがラガンインパクト撃った時、サングラスが割れたじゃん

あのときだと思うんだよね

カミナやキタンの形を模したサングラスってことは
まだカミナたちをまだ真似してるってことじゃん

そのサングラスが割れたってことは、もうカミナたちを真似しない、シモンっていう一人の男が完成した訳だよ

って思います。

6:2016/10/02(日)00:12:14 ID:

>>5ほぁー、ちょっと感動した。シモンの成長っぷりは心にくるもんな

かんぽ生命のミュージカルっぽいCM。
クサさがあるけど、音楽の軽やかさとドキドキ感?が最高に良い。

9:2016/10/02(日)00:15:43 ID:

>>5
これに付け足すと

まずグレンラガンの必殺技の『ギガドリルブレイク』
これはカミナが遺した技なんだが
このあとも継続的に使われていく
というか1度落ち込んだシモンが復活した時に放つ

これもまだカミナの真似だよね

ギガドリルブレイク

アークギガドリルブレイク(映画のみ)

超銀河ギガドリルブレイク(アニメのみ)

超天元突破ギガドリルブレイク(映画のみ)

っていう風にどんどん進化していくけど
やっぱり根底はカミナなんだよ
まだ未完成というか、とにかく見ていてなんかモヤッとしたといか

でもアンチスパイラルへの最後の攻撃
『ラガンインパクト』

これは正真正銘シモンの技
そして「天元突破グレンラガン」という作品のなかで一番初めに出た必殺技

これは鳥肌立ちましたね

7:2016/10/02(日)00:14:10 ID:

好きなCMを語るスレ?
8:2016/10/02(日)00:15:25 ID:

ボリショイシネマのCM。美しい所作に見惚れてしまう。
バレエってこんなにきれいなものなんだなって思うこと間違い無し。

>>7俺が感動した作品がたまたまCMに偏ってるだけだよ。語りたいものはじゃんじゃん語ってくれ

10:2016/10/02(日)00:16:23 ID:

ウナギ動画
差別云々を語るときは差別対象とされてるものを
同じ属性カテゴリの別のものに置き換えてみるといい
ウナギが男に擬人化されていても性差別だと騒いでいたか?
そうじゃないならこれは性差別ではない
11:2016/10/02(日)00:18:03 ID:

これ、映画とかそういうのもいいの?
12:2016/10/02(日)00:20:44 ID:

>>9このつながりを制作スタッフの人たちが考えたんだって思うと鳥肌が立つな。
やっぱりすごい作品だわ、グレンラガンって。

>>10発想の転換というか、思考の根底を覆す提案ができる人ってすごいと思う。

>>11全然いいぞ。俺は聞きたい。

13:2016/10/02(日)00:23:45 ID:

楽器フル装備のおっちゃん。こういう人が世界をちょっと面白くしてるんだな
と思ってしまう。最近はこういう装備したアーティストが増えた気がする。

14:2016/10/02(日)00:26:19 ID:

麻雀漫画「アカギ」の元となった「天」のラスト3巻
赤木しげるの訃報が主人公に届く
葬儀場に行くとたくさんの仲間がいて、皆が悲しみながら最後の別れをする
そして、帰ろうとすると赤木と親交の深かった人たちだけが別室に呼ばれた
そこには、なんと、死んだはずの赤木しげるがいた
彼は「俺はアルツハイマーになったから自殺する。自分を失ってまで生きていたくない」と言う。
そして、1人1人赤木と最後の話を交わし、全員と話が終わったら自殺すると言う。
でも、みんな赤木が好きだから、一生懸命泣きながら引きとめるが、
その言葉一つ一つが重くて悲しい。
しかも、赤木を止める癌になった友人に
「大丈夫・・・おっかなくねえんだよ・・!
俺が・・・俺が先に死んでやるっ・・・!
綺麗に死んでやるから・・・!安心しろっ・・・!
だから・・受け入れてやれ死をっ・・・!
出来る限り・・・温かく・・・
迎え入れてやれ・・・!」
と言って励ましたり、
赤木の自殺をほう助した友人が「自分は自殺をほう助する冷たい人間か?」と聞かれれば、
「俺が見てきた限りじゃ
あったかい人間はあったかく死んでいけるんだ」と言う。
ラスト3巻は名言がいっぱいでてきて心に響く。

最後、生きるか死ぬかは、まぁ読んでみてくれ

17:2016/10/02(日)00:30:40 ID:

>>14すげぇ読みたくなってくるなこれ。なんだかどっしりした大人の言葉って感じがする。

>>15いいことやないの。特に語りたい作品はないの?もうボロボロ泣いて感動したとか
あ、これもう絶対忘れねぇと誓ってしまったものとか。

22:2016/10/02(日)00:39:32 ID:

>>17
福本作品は名言が心に響く名言が多いよ
麻雀が好きなら「アカギ」が面白いけどそっちはまだ終わりそうにないから「天」の方がいいかも
ギャンブル漫画「カイジ」も人気だけど「銀と金」っていうのも面白い
個人的には「黒沢」が好き

モテない、人気もない中年・土木作業員黒沢が現場で人気者になろうと四苦八苦する
用意されたお弁当に全員分、アジフライを入れて喜ばせようとするが
「黒沢がお弁当からアジフライを盗ってる」と誤解され、村八分にされたり、
誤解で嫌われ続けるが、真面目に誠実にがんばって信頼を勝ち取るマンガ。

人望がほしくてたまらないときの名言。共感しすぎてやばかった
欲しいっ…!欲しいっ…!
欲しいっ…!人望が欲しいっ…!

マンガで主人公が普通っていうのはあるけど、黒沢ほど普通の人はいないと思う
全11巻でサクッと読めるよ。今は2部始まったけど、そっちも面白いで

24:2016/10/02(日)00:43:11 ID:

>>21おお!わかるわ、ぐっとくるよな。アーメンってまあ挨拶なんだろうぐらいで
聞き流してたけど、アンデルセンの姿を見てると途端にその言葉の重みに気づいてドキドキしたもんだ。

>>22福本先生の作品って異様に心に刺さるんだよな。黒沢は気になってるだけで手付かずだったんだよな。
もったいないことしたなぁ

27:2016/10/02(日)00:46:06 ID:

>>24
「カイジ」「アカギ」は主人公がイケメン&ギャンブルの天才でかっこいいけど、
黒沢は中年、ブサ、デブで最初は人から何もしてなくても誤解され嫌われてくタイプだが、
1人ずつ理解者を獲得していく過程がまじで応援したくなる
普通の漫画みたいに「普通でもどこか特別な主人公」じゃなくて本当に普通のおっさんだから本当に新鮮で面白いで
学生でも人間関係でつまづいたときにアドバイスになる漫画だと思う
30:2016/10/02(日)00:53:54 ID:

>>23初めて知ったわ、いぬまるだしだな、読んでおくよ。ギャグセンスって天性の才能だよな。
ギャグでいったらゴールデンカムイのちょこちょこ挟まるギャグがすげぇと思うわ

>>27ICOはゲームとしても目からウロコが落ちるような作品だった。少女との距離感がすごく好きだったな。
キャッチコピーのセンスもすげぇと思ったよ

41:2016/10/02(日)01:03:54 ID:

>>30
ICO好きなんやうれしいな
「この人の手を離さない。僕の魂ごと離してしまう気がするから」
見事なキャッチコピーやよねほんと
15:2016/10/02(日)00:28:13 ID:

どんな作品でも酷くない限り読んだら語りたくなる
16:2016/10/02(日)00:30:33 ID:

プライベートライアンめっちゃ好きなんだけど、戦争映画としてリアルだとか戦闘シーンがすごいだとかばかり話に上がってて、シナリオ的な話が出てこないのが悲しいんよねぇ
まぁ、ある程度はわかるとは思うんだけど、シナリオ的には人と人が話し伝え、繋がるっていう内容なんだけど、そこに関して事細かに内容が散りばめられてる
一つとしては、登場人物が昔話をするシーンを挟んでいたり、最後に生き残るアパムは作家志望だったりする
カパーゾの父への手紙がウェイド、ミラーに渡っていくのも、伝え繋がるストーリーとしての大事なキーポイントになってたりする
最初のライアンの回想のように始まるのもこの話の大事な物語性だということがはっきりしてる
まぁ、そんな感じ
18:2016/10/02(日)00:33:24 ID:

スーサイド・ショップ
自殺用品を売る店の映画なんだけど、劇中歌のシーンが結構中毒性ある
特にこれ↓
20:2016/10/02(日)00:35:58 ID:

>>16プライベート・ライアンはいたまたま子供の頃に戦闘シーン見て
グロくて死ぬほど吐きそうになって以来敬遠してるんだ。これをきっかけに見てみようかな。

>>18ブラックユーモアって中毒性が高いもの多くてたまらん。この作品は気になるな。
と言うか絵がすごい良いね。

19:2016/10/02(日)00:34:10 ID:

前にスレ立てたけどマイナーだからなのか、夜中だから人がいなかったのか全然伸びんかった
21:2016/10/02(日)00:36:18 ID:

一番語りたい作品は今ちょっと封印気味だから、そうだな
ヘルシングのアンデルセンの俺は生まれながらに嵐なら良かった云々のくだりだな
アンデルセンも育ててきた子どもたち(神父隊)が死んでゆくさまを見せつけられたかと思うと……
狂信者ではあったけど、子どもたちには優しかったから余計に悲しい
AMEN(そうあれかし)
23:2016/10/02(日)00:42:38 ID:

大石浩二の伏線の貼り方は半端ないと思う
単体のギャグも秀逸だし、時事ネタの扱い方もうまい

俺が一番好きだったのは「いぬまるだしっ!」だな。

特に伏線がすごいのは主人公とその友達が釣りをする回で
実は一コマ目に既にオチの伏線があるっていうのには驚いた

25:2016/10/02(日)00:43:49 ID:

作者いわく恋愛作品を期待されていたという事だが、確かにオムニバス形式で恋愛要素は絡めているものの
それもそれぞれの人生の1つとして描かれていて成就するかどうかは別問題として取り扱われているのが好感触
そして登場人物の職人として選んだ素材と人格が旨く絡み合い他者とのふれあいによって気づきが得られたりする
そういった普通の人生の中で誰もが共感を持てる部分を非常にうまく、そしてロマンチックに描くから
この作者の作品は本当に魅力的に見えてしまう。

作品全体の流れとしては、本を作る人から始まり終わりを締めるという流れでそれぞれの職業は非常に魅力的ではあるものの
個人的には靴屋の話がとてもいい
何が良いかというと、相手の父娘の関係性
妻の忘れ形見である娘を溺愛する男にそれ込みで惚れてしまうと言う流れがツボすぎて
冷静に見れば最後に相手が受け入れると言う流れはご都合主義にようにも見えるが、それまで積み上げてきた関係性と言うものが垣間見える描き方
これが非常に良い

26:2016/10/02(日)00:44:02 ID:

『ICO』
少女の手を引いて城から脱出するゲームなんやけど、ゲームでこんな体験ができるんやってほんと衝撃で自分のゲームの概念を変えた作品やった
造形や静寂な雰囲気が美しくてその世界にいるだけで気持ちいいほんと宝石のようなゲームです
28:2016/10/02(日)00:46:54 ID:

>>26
「ICO」って宮部みゆきが小説化しなかったっけ?
あの人ゲーマーで、「どうしても書かせてくれ」って頼み込んだらしいけど
36:2016/10/02(日)00:59:00 ID:

>>28
してたね読んでないけど
ICOはプレイしたその人だけの物語ができるから創造力のある宮部みゆきがそうなる気持ちはわからんでもないな
でもICOにそれほど感動した宮部みゆきに興味が湧いて何冊か読んだな
29:2016/10/02(日)00:48:59 ID:

ラブライブの話なんで不快だと感じる方は無視して

二期12話挿入歌『Kira-kira Sensation』について

確か、この作品のキャッチコピーが『みんなで叶える物語』だったとおもうんだが
それが伏線だった

まあそれは本編で既に伏線回収されてたんだけど
さらに別の方法で回収しやがった

まあそれは後にして
まずソロパートの歌詞について

まず絵里の「(目指すのは)あの太陽」という歌詞
これはμ’sが高みを目指す、という意味あいだと思うが
絵里個人にも重なる歌詞だと思う

一期で、絵里は自分なりに廃校を阻止しようとするが、あまり芳しい結果は出ず、行き詰まっていた
そしてなんやかんやあってμ’sのダンスコーチに抜擢され、不本意ながら引き受ける
というかめちゃくちゃ厳しくしたらきっと離れるだろう、と策するが
穂乃果の「やりたい」という真っ直ぐで熱い気持ちに心を打たれ、真面目にコーチするようになる

そしてなんやかんやあって絵里もμ’sに入り、廃校を阻止することに成功する

まあつまるところ
自分にやれなかったことを、気合いと熱さでやってのけた穂乃果はさながら太陽だろうと
そしてその太陽を私は目指すぞと
そういう事です

続く

31:2016/10/02(日)00:55:17 ID:

「世にも奇妙な物語」で最も好きなのは
「昨日公園」という話

もともとは、直木賞作家である朱川湊人の作品だが、
リメイクにしては原作レイプになっておらず、
しかも、原作とは異なるいい味を出してる。

ストーリー展開が「カゲロウデイズ」と似ているので度々話題にされているようだ
もしかしたら、作詞者は参考にしたのかもしれん。

ただ、リメイクのリメイク版はむしろ出来が悪かった(笑)

33:2016/10/02(日)00:57:06 ID:

>>31
それ、有森かすみが主人公やったやつ?
最初は大学生の時の話で、ラストが結婚して子供産んで、
思い出の公園に来たら、あの日の自分と同じになってたってやつ?
35:2016/10/02(日)00:58:33 ID:

>>31
堂本光一のやつだよな
あれ一番好き

最後にボールが転がってくるシーンでぞくっとした

37:2016/10/02(日)00:59:03 ID:

>>32 なぜか2のほうだけは見たw
黒人修道女がDQNとラップ対決して
なんやかんやでDQNらと合唱コンクールを目指す話だったっけ

挿入曲のHail Holly Queen は学校で歌ったな

>>33 そうみたいね そっちは劣化版のほうだわw
>>35が言ってるほうはオチでkoeeeeeってなるし
原作の方は泣ける

39:2016/10/02(日)01:02:25 ID:

>>37
マジか!有森かすみの方でも十分面白かったんだがな
やっぱ前の方(堂本バージョン)と違うんやな
45:2016/10/02(日)01:05:59 ID:

>>39 堂本ver視聴→原作を読む→有森ver視聴

の順で読んだから原作厨になってしまったかもしれんw
世にもについてはみんなけっこう明るい系の話が好きなんだな
俺はシュール系も好きだよ。「ハイヌーン」とか「ズンドコベロンチョ」とか。

49:2016/10/02(日)01:10:27 ID:

>>45
この前の「世にも~」でズンドコベロンチョ見たけど、
ああいう意味不明なの好きじゃないな。普通にふーんってかんじ
40:2016/10/02(日)01:02:29 ID:

>>31世にも奇妙な物語のエンディングが怖くてたまらなかった子供時代を思い出す。
俺的には「地獄は満員」「才能玉」「結婚シミュレーター」とかが好きかなぁ

>>37みんな楽しそうに歌って、しかもうまいんだもん。何度も見ちゃうよあれは

32:2016/10/02(日)00:56:11 ID:

天使にラブソングを

子供の頃に何気なく見てた作品だけど、今見返してみるとすげぇいい作品なんだって改めて思う。
特に動画のエンディングの曲がたまんねぇ。

34:2016/10/02(日)00:58:04 ID:

>>32
天ラブは面白いよな
1も2も面白かったけど1が好き
出演者みんな歌うまいのがすごかった。しかも、プロの歌手じゃないのにあんなに歌えるのがすごい
38:2016/10/02(日)01:02:06 ID:

バックトゥザフューチャーという80年代の名映画
キャラが立ってるし面白い映画とはこういうことを言うんだろうな
3つの作品が未来、過去と別れてて飽きないし
42:2016/10/02(日)01:04:10 ID:

ハリーポッターと賢者の石を見たとき
本のイメージそのまんま!って思った
ハリーは原作と瞳の色は違うけどハリーもロンもハーマイオニーもイメージ通りだった
二作目以降も好きだけど賢者の石の時ほどの感動はない
43:2016/10/02(日)01:04:20 ID:

安価間違えたわ、天ラブやばいってことが伝われば幸い。
44:2016/10/02(日)01:04:30 ID:

来世不動産が一番好きだな
というか奇妙な物語自体あまり見てない
46:2016/10/02(日)01:06:47 ID:

全レスしたいけど追いつかないのは許して

ヴィーナス&ブレイブスの販促動画。ゲームシステムとかはちょっとむずかしいけど、
世界観やストーリー、音楽は一級品。この販促動画を見たときは涙がでるほど感動した。

47:2016/10/02(日)01:08:57 ID:

世にもは「あけてくれ」が怖くてトラウマになった
昔あった「週刊ストーリーランド」っていうアニメ番組の「危険な贈り物」もトラウマになった
50:2016/10/02(日)01:11:37 ID:

>>47
『週刊ストーリーランド』好きだったなぁ
何度か応募しようと思った
でも、当時は幼くて知らなかったが星新一のパクリが多かったらしいよ
その他にも類似、パクリが多くて、終わったらしい
48:2016/10/02(日)01:09:48 ID:

星新一っていうSSを書く小説家は知ってる?
短編以下の超短編を書く作家なんだけど、オチが意外すぎてマジで面白い
図書館にたくさんあると思うから読んでみ?
一話が短いからさっくり読めるよ

好きな話は「ぼっこちゃん」
あるバーのマスターがロボットの「ぼっこちゃん」を作る。
簡単な会話(相手の発言のオウム返し)ができるようにし、客席に座らせる
ある日会社員が来店し、ぼっこちゃんに気付き、隣の席に座り、口説き始める
でも、会話は当然ながらオウム返しばかりで、なかなか落とせない。
そして、あるとき、男性はぼっこちゃんにこう言う。
「君は君が好きだよ」「私も好きよ」「死ぬほど好き?」「死ぬほど好き」
「じゃぁ僕のために死んでよ」「あなたのために死ぬわ」
そして、彼は持っていた毒薬を彼女のお酒に入れ、店を出た。

ぼっこちゃんにはある恐ろしい細工がしてあった・・・。

ごめん、ほぼ一話書いちゃったけど、読んでみて?
他にも面白いのぎょーさんあるから!

51:2016/10/02(日)01:11:38 ID:

>>48 星新一は俺も好き 「おーいでてこーい」は英語の教科書にも載ってた
53:2016/10/02(日)01:14:00 ID:

>>50
星新一は週刊ストーリーランドも世にもも使ってるよなあ
>>51
看護師のやつな
54:2016/10/02(日)01:14:10 ID:

世界最速のインディアン。おじいちゃんがすげぇかっこいい映画。
人生が丸々青春のような、爽やかで感動する作品だよ。ロマンもたっぷりだ。

>>48星新一さんって小説家なんだ、ってとこからなんだけど挑戦してみるよ。
小説は老人と海を読んだぐらいで慣れないんだけど、読みたい作品じたいはたくさんあるんだよな

52:2016/10/02(日)01:12:22 ID:

なお、星新一の「殺し屋ですのよ」は
週刊ストーリーランドと世にも奇妙な物語のどちらでも映像化された。
55:2016/10/02(日)01:14:20 ID:

>>52だった
56:2016/10/02(日)01:14:27 ID:

>>52
「世にも奇妙な~」はちゃんと承諾とって実写化してると思うけど、
「週刊ストーリーランド」は一般人の応募だからパクリなんだよ
だから、厳密には「週刊ストーリーランド」ではアニメ化されていなくて、ただのパクリが流れただけ・・・。
58:2016/10/02(日)01:15:19 ID:

>>56
あれほとんど一般公募採用してないらしいな
賞金でた人ほとんどいないとか
59:2016/10/02(日)01:16:28 ID:

>>58
マジで?番組の最後で応募募集の案内が出てたと思うけど
あと、一話の原案の人は取材?インタビューとかされてたと思う
61:2016/10/02(日)01:18:31 ID:

>>59
名目上募集だけはかけてたらしい
63:2016/10/02(日)01:18:56 ID:

>>59
まあそんなもんよ
トリビアの泉とかスカっとジャパンだってそうなんじゃないかな

スレタイの話でいうと俺は最近伊坂幸太郎にハマってるな
伏線の貼り方が秀逸
一件無関係と思われる登場人物が次第にかかわりあっていくところが面白い

64:2016/10/02(日)01:23:41 ID:

>>63伊坂幸太郎さんの作品で好きなのは「アヒルと鴨のコインロッカー」かな。
神様を閉じ込めるんだ、って最後のシーンは忘れられない。

伏線の話で言えば、ベタだけどショーシャンクかなぁ。
「所長、たしかに救いはこの中に」って聖書に書かれてるシーンはやばい。

あと、レッドの「知らない曲で歌詞もわかんないけど、そんなにきれいな曲なんだからきっと素敵なものなんだろな」
ってモノローグが心に沁みる

65:2016/10/02(日)01:25:57 ID:

>>64
リタヘイワースの裏から穴が出てくるシーンと隠し口座の意味を知った時は興奮するよな
67:2016/10/02(日)01:27:32 ID:

>>65そもそも脱獄とか全く頭になかったからまじで「えっ?」ってなった。
あのどんでん返しがたまらなく気持ちよくて何度も見てしまうんだよなぁ
66:2016/10/02(日)01:26:02 ID:

>>63
なるほど、トリビアは応募とヤラセが半々くらいだと思ってた
スカッとジャパンはもろヤラセだろうけど
「ストーリーランド」を見ていたのは子供の時だったから、
純粋に「一般人が応募しているんだ」って思いこんでいたのかもな、俺
57:2016/10/02(日)01:14:55 ID:

星新一はランダムに死んでもらう人選んで犯罪抑制して
あなたの番ですよって伝えに行く人が選ばれた
って話が好きだな
60:2016/10/02(日)01:17:11 ID:

イチは完結しているマンガ・小説がいいの?
未完でもOK?
62:2016/10/02(日)01:18:53 ID:

>>60いいと思ったもんはなんだって良いよ!ルールは楽しく語る、それだけよ
68:2016/10/02(日)01:28:26 ID:

>>62
色んな人が絶妙な絡み方するやつだと
劇団ひとりの「陰日向に咲く」おすすめ
69:2016/10/02(日)01:28:56 ID:

「グラスホッパー」(小説の実写映画)
婚約者を殺した悪の組織の表の企業に転職し、復讐を誓う教員と、
言われるがままターゲットを殺し続けた優秀な殺し屋の物語
二つの別々の話が綺麗にまとまってて面白い
役者陣がうまくて、本当に引き込まれる。
教員役が本当に人が良さそうで、教え子のギャルはバカっぽくて。
殺し屋(蝉)は盾がうまいし、女幹部(ななお)恫喝するシーンにしびれた
70:2016/10/02(日)01:31:49 ID:

「トリハダ」っていうホラードラマシリーズ

心霊もの見てもアホくせーとか思っちゃう俺が見て震えあがった
以下の「トリハダ5箇条」を基本として製作されている
・幽霊は出ない
・超常現象は起きない
・音楽で恐怖を煽らない
・過度な演出はしない
・日常から逸脱しない
「一番怖いのは幽霊じゃなくて頭のおかしい人間」だということがわかる作品
中でも笹野鈴々音の演じる狂人の不気味さと恐ろしさは尋常ではなく
初めて見た時は「あえっ!?」って変な声をあげてしまった

71:2016/10/02(日)01:32:19 ID:

すまん眠気がやばい。俺は先に落ちるけどまだまだ話し足りないなら引き続き語っていってくれ。
72:2016/10/02(日)01:34:35 ID:

「デモナータ」(小説)
悪魔と戦う少年の物語。
って言ったら、聞こえがいいけど、児童書なのに、
えげつないいたずら(入浴中の姉のタオルにネズミの死体を入れておく)とか
こいつはいい人だろって言う人のありえない裏切りとかマジで面白い
本当に先が全く読めないから、おすすめ。

児童書(ハリポタレベル)っていうだけで、「正義」「友情」とか思うかもだけど、
「裏切り」「妬み」とか普通にある感情も書かれてて面白いで

これを読んだら、同じ作者の「ダレンシャン」(小説)もええで
でも、マンガ版は重要な部分が落ちてる、映画版は原作レイプ。この世から抹殺するレベル。
とりま、「デモナータ」の方が巻数短いからよんでみ?

73:2016/10/02(日)01:49:32 ID:

アニメ「少女革命ウテナ」
ある学園に通うウテナはバラの花嫁を所持するものと
決闘をし勝つと世界を革命する力(何でも願いを叶える力?)を手に入れらると知る。
彼女はそんなのには興味がなかったが、バラの花嫁の所持者に敵意を持ち、決闘を申し込む。

主人公ウテナと決闘をする学生のドラマが面白い
その学生たちのそれぞれが背負った思いがすごい。
普通のアニメじゃなくて表現が斬新(映画で言うなら寺山修司的?)で惹かれる
音楽も豪華でJAシーザーが作曲しているから見てみ

※監督等スタッフが本気で作りたかったのは1クール目まで。
その先は人気が出たから作った。だから、最後まで見ないで1クール見て、面白かったら続きを見るといいかも。
1クールで十分その味が出てるよ

74:2016/10/02(日)16:19:41 ID:

もはよう。犬の毛皮洗ったり干したりしてたらこんな時間になった。
もちょっと語りたいから語ってくよ
75:2016/10/02(日)16:24:04 ID:

トップをねらえ!
深夜になんやアニメやっとるなとなんとなく見たのがきっかけで、その壮大な物語と
主人公の成長に思わず涙が出た。ラストシーンのガンバスターの姿がなんとも美しく感じた。

76:2016/10/02(日)16:30:08 ID:

トップをねらえ2!
元祖には元祖の、続編には続編の感動があった。スケールのデカさは相変わらずで、
今度はお姉さまの物語になってるのはなんだかぐっと来た。ラストシーンは相変わらず
泣かせてくれる。

77:2016/10/02(日)16:36:11 ID:

サクラ大戦3
実のところゲーム自体はプレイしてないんだけど、そのOPの華やかさと
完成度に度肝を抜かれて以来、忘れられなくなってしまった。有名所だけど
いいものは廃れないということでひとつ。

78:2016/10/02(日)16:41:59 ID:

終戦60年ドラマスペシャル 日本のシンドラー杉原千畝物語・六千人の命のビザ

反町隆史版の杉原千畝さんを題材にしたドラマ。この人を知ったのはこのドラマからで、
その偉業にドキドキした、そんな作品。電車に乗りながらビザを発給するシーンはもう
涙なしではいられなかった。

79:2016/10/02(日)16:46:34 ID:

またよしさんのリルム。
始めて見たとき、体に心地よい風が入ってくるような気持ちになったのを覚えてる。
とても繊細で、淡く鮮やかなこの絵はたまらない。

80:2016/10/02(日)16:52:17 ID:

Undertale
深い愛と笑いと涙が詰まった、懐かしさを感じるゲーム。
このゲームはネタバレが致命的だから、やってみるのをおすすめする。
ラスボス戦は涙で前が見えないという状態異常で苦戦するレベル。